お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-0730

再診・その他のお問い合わせ

04-7170-8155

インプラント|南柏駅東口徒歩30秒の関デンタルオフィス

関デンタルオフィス
関デンタルオフィスへのお問い合わせ
TEL
予約
MENU

インプラント

インプラントとは

「インプラント」とは、何らかの原因により歯を失ってしまった場合に、顎の骨に人工的な根(歯根)を埋め込むことを意味します。実際の治療では、インプラントにアバットメントと呼ばれる連結部を接続し、これに人工の歯を装着して完成となります。

インプラントによって装着された歯はぐらつくことなく、天然歯とほとんど同じように噛むことができますが、顎の骨の状況などによってはインプラントを構築できないケースもあります。

また、治療とアフターケアを合わせて長期間を要するために、当院ではメリット、デメリットなどの正しい情報をお伝えし、万全の検査を経た上で治療を行っております。

インプラント治療について

虫歯の治療、歯周病の治療、詰めもの(インレー)、被せもの(クラウン)、神経を抜くこと(抜髄)、ブリッジ、インプラントなど、治療にはいくつかの種類、段階があります。

インプラント治療はそれらすべてを把握した上で、トータルで考えるものであり、トータルの治療ができなければ、インプラントにおける外科処置も行えるものではありません。

重要なことは、診断して、プランニングして、ゴールをどこにするか、歯の欠損をどこで食い止めるかということです。

歯の欠損が進み、最終的に歯が1本なくなったとき、治療方法としてはブリッジとインプラントが考えられます。ブリッジの場合は、両隣の健康な歯を削る必要がありますが、インプラントは両隣の歯に負担をかけず、単独での治療が可能です。

とはいえ、デメリットもあります。当院ではすべての治療を提示して、患者さまの選択とご希望を尊重し、新しい歯の創出のひとつの有効な選択肢としてインプラント治療を紹介させていただきます。

メリットとデメリット

メリット

  • 単独で人工の歯をつくり出すことができます。両隣の歯は天然歯のまま、触らずに済みます。
  • 自分の歯と同じような感覚で噛み、食事することができます。
  • 見た目がまったく自然で、美しさの点(審美性)でも優れています。
  • 噛む力がそのまま顎に伝わるので、歯がない場合に比べて顎の骨が退化しにくくなります。

デメリット

  • 保険治療ができず自費診療になるので、治療費が高額になります。
  • ほかの治療と違い、外科処置(手術)が行われるため、痛みや腫れがともないます。
  • 顎の骨とチタン製のインプラントが自然に結合されるまである程度の期間が必要です。ブリッジの治療と比較すると治療期間が長期にわたります。
  • 顎の骨の状況によっては、手術できないこともあります。

インプラント治療の流れ

1. 検査・診断・治療計画

最小に精密な検査を行い、治療の可否について診断します。治療可能となれば、どのような計画で治療を進めるのか、患者さまと相談させていただきます。

治療の準備段階としては、患者さまの歯型をとって、歯科用のワックスで歯の模型を起こします。この模型を使い、理想的な噛み合わせが実現できるように、適正なポイントにインプラントが入るように、噛み合わせの再構成を図ります。その際、骨が足りない部分に骨を足すか(骨造成法=GBR)、骨のある部分を利用するかなどの点も検討します。

2. インプラント埋入手術

歯肉を開いた後、インプラントを顎骨に挿入するために、ドリルでホールを形成します。ネジの形状をしたインプラントをこのホールにかますようにねじ込みます。確実に結合するまでには3カ月ほどを要しますので、この間は、必要があれば仮歯を使用します。

3. アバットメントの接続

アバットメントとはインプラントの上に建てる土台のことであり、人工歯の支えになります。インプラントの埋入は、外科的な技術が求められますが、アバットメントについては精度が求められます。アバットメントもインプラントにネジで結合されます。なお、切開した歯肉が治癒するまでに3週間ほどかかります。

4. 人工歯の装着

仕上り段階で、ベストの噛み合わせが実現するように、型をとって精密に作成された人工歯をアバットメントに装着。全体としてのインプラントはこの時点で完成となります。人工歯の素材としては、セラミックやメタルボンド(金属の上に瀬戸物を焼きつけた、外見上は白い歯)が使われています。

5. メンテナンス

医師の指導に従って、日々の歯磨きを確実に行い、歯石や歯垢が溜まらないようにすることが重要です。また、最低半年に1回は歯科医院で受診し、レントゲン検査、クリーニング(PMTC)などのメンテナンスを受けることが必要です。

アフターケア・メンテナンス

メンテナンスの重要性

インプラントには歯根膜というものがありません。天然歯には歯根膜があり、生理的に動きますから、ものを噛むとある程度沈みます。歯根膜はクッションの役割を果たしているわけです。

インプラントは骨とダイレクトに結合しているので、噛み合わせもセラミックに対して天然歯だったり、インプラントに対して金属の被せものが入っていたり、さまざまなタイプが考えられます。

もしインプラントがほかの天然歯と同じ高さであったら、沈まないインプラントとそれに向き合う天然歯との咬耗(こうもう=歯と歯がこすれあうことで生じる損傷)や摩耗(ブラッシングなどの摩擦で生じる損傷)がより大きくなりやすいでしょう。そこで肝心になってくるのが、噛み合わせの管理です。

インプラントのところだけが強く当たるようなケースでは、ほかの部分よりも若干弱く、噛み合わせを調整することが必要になってくるのです。噛み合わせの強さは常に一定ということではありません。正しく調整するためにも、術後のメンテナンスは欠かせません(最低半年に1回)。

長持ちさせるには

歯周病と噛み合わせの管理が重要です。インプラントは、天然の歯よりも歯周病原因菌に対する抵抗力が弱く、炎症もより早く進行しやすいので、特に注意が必要です。

噛み合わせについては、強く当たり過ぎると、歯が欠けたり、破損したりすることもあります。いずれにしても、個人の歯磨き習慣だけではカバーできない部分もあるので、3~6カ月に1回のペースで、定期的に検診を受け、クリーニングを受けましょう。

床屋さんや美容院に行くような感覚でご来院ください。インプラントがより長持ちするケアとともに、日々気をつけるべきことや効果的な歯磨き、ケアの方法などをアドバイスさせていただきます。

PAGE TOP