お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-0730

再診・その他のお問い合わせ

04-7170-8155

歯周病治療|南柏駅東口徒歩30秒の関デンタルオフィス

関デンタルオフィス
関デンタルオフィスへのお問い合わせ
TEL
予約
MENU

歯周病治療

歯周病について

気づかない間に進行していく歯周病

歯周病は自覚症状なく進行していきます。気づいたときには歯のまわりの組織がだめになり、歯を失うケースもあります。

歯周病の進行には、口内の歯周病原因菌の存在が関係しています。この菌が多い人は、身体の抵抗力が落ちているときや、崩れたりしたときに、症状が進行しやすくなるのです。

歯周病を早期に発見するには、歯周病原因菌が口内に常在しているかどうか、またその菌の数が多いかどうかを確認する必要があります。特に菌がたまりやすい歯垢(プラーク)を採取し、顕微鏡検査を行うことで、歯周病原因菌が常在しているか、多いか少ないかということがある程度わかります。

当院ではこうした顕微鏡検査を行うことで、患者さまに正しい情報を提供し、通常の歯磨きでは落としにくい歯垢を除去するクリーニングも行っております。気づかないうちに歯をなくすような事態にならないように、歯科医院で定期的に健診を受けられることをおすすめします。

歯周病とは?

歯そのものが蝕まれる虫歯に対し、歯の周辺組織が冒されていくのが歯周病です。

歯のまわりには、歯を支えている歯槽骨、歯の根元の歯根骨、それを覆うセメント質と歯根膜、歯肉(歯茎=はぐき)があります。歯は歯肉で囲まれていますが、歯と歯肉の境目にはホンのわずかですが隙間があります。歯周ポケットとも呼ばれるこの部分には汚れが溜まりやすく、適正な歯磨きなどが行われないと、やがて汚れが歯垢(プラーク)となって蓄積されるようになります。

歯垢には歯周病の原因菌も溜まりやすく、これによって歯肉が腫れ、歯肉に限って炎症が現れた場合は歯肉炎、ほかの部分にまで炎症が広がった場合は歯周炎、またこれらを総称して歯周病といいます。歯垢が溜まっているにもかかわらず、これを放置すると石灰化が起こり、通常の歯磨きでは落とすことができない歯石に変化していきます。

歯石がさらに進行すると、歯槽骨や歯根膜まで影響が及び組織が壊されることにもつながります。そして最悪の場合、歯を失ってしまいます。最悪とはいえ、大人になってから歯が抜ける原因のほとんどが歯周病によるものであり、誰にでも起こりうる病気でもあるのです。

歯周病の脅威

~歯周病の怖さ~

歯周病の恐ろしさは、歯だけではおさまらず、影響が全身に及んでいくことです。歯周病原因菌の病原性がそれほど強いものではないのですが、問題は歯肉の炎症部分(出血した部分)などから、何らかの形で歯周病原因菌が血液中に流れ込んでしまうことにあります。糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、骨粗鬆症など、影響は多岐にわたる可能性があり、なおかつ発症した場合は、深刻な内容につながることが多いのです。

全身と歯周病の関係について

誤嚥性肺炎

異物を誤って食道に飲み込んだり、異物や食物を食道でなく気道内に飲み込むことを「誤嚥」といいます。気道内に飲み込むものは、たとえ大きなものでなくとも、少量の場合であっても、特にそれが歯周病原因菌であるような場合は、肺炎のような重い症状をもたらしてしまうことがあります。

脳血管障害(脳梗塞)と心臓疾患

血中に歯周病原因菌が入り込むことが動脈硬化につながったり、血小板に入り込むと血栓ができやすくなったりすることが指摘されています。動脈硬化や血栓が進行すれば、脳血管障害(脳梗塞)や心臓疾患にもつながります。

骨粗鬆症

歯周病で歯を失えば、食べ物が噛みにくくなり、その分噛む力が弱まり、顎の骨も退化しやすくなります。顎の骨の量の低下は全身の骨の量に影響するとされており、これが全身の骨密度にも影響します。

早産と低体重時出産

妊娠中の女性の場合、歯周病原因菌が血中に入ると、それが胎盤を通過していき、胎児にも入り込みやすくなります。このケースでは胎児の発育不全、早産や低体重時出産の可能性が高まります。

糖尿病

インスリンの分泌に影響を及ぼし(最悪の場合は枯渇させる)、血糖値のコントロールが阻害されることがあります。その結果、糖尿病が進むことになります。

肥満

歯周病原因菌と脂肪の多い食事が合わさると、肥満が進むといわれています。また、肥満になると、歯周病になりやすいともいわれています。

薬で治す歯周病

「え!?薬で治るの?」と思われた方も多いのではないでしょうか?歯周病治療で基本的な治療といえば、歯磨き指導と歯石を除去したりする歯のまわりのお掃除です。しかし、この基本的な治療をしても、正しい歯磨きを続けていても、なかなか歯肉の炎症、腫れや出血、口臭が完治せず、歯周病で悩まれている方が多いです。

ひどいケースでは外科手術で一旦きれいにしても、また違う箇所が歯周病になり外科手術を何度も繰り返さなければいけない患者さんもおられました。ところが現在は、歯周病の原因である菌を顕微鏡で特定し、薬でその菌を退治する事ができる様になりました。「顕微鏡を使った歯周内科治療」は最新の治療法です。

歯周内科治療

現在の歯周病治療は主に外科的処置です。しかし、外科的処置では歯科医師が特殊な技術を持ち、また患者さんが正しいブラッシングができるという条件がそろっていないとよい治療が生まれないのです。どんな条件であっても同じ方法を使い、簡単に良い結果を生むことができる治療を考えた結果生まれたのが、薬で歯周病を治すという治療法なのです。

治療の流れ

1. 顕微鏡検査

顕微鏡を使ってお口の中の菌を検査します。歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいはきれいなのか。適切なお薬の選択をするために、詳しく調べていきます。

2. 薬の選定

歯周病の原因菌は、カンジダ菌と呼ばれるカビの菌と歯周病細菌です。カンジダ菌が多い患者さんに対してはハリゾンという薬を用いて丁寧に歯磨きをし、カンジダ菌の菌を少なくすれば治ります。

歯周病細菌が多い患者さんに対してはジスロマックという飲み薬で治していきます。この2つの薬の組み合わせで、歯周病は非常に治りやすくなりました。

当医院ではほとんどの歯周病を手術せず薬で治しています。お気軽にご相談下さい。

顕微鏡検査

顕微鏡について

歯周病を薬で治す為には顕微鏡を使って詳しく調べる必要があります。 顕微鏡を使ってお口の中の菌を確認し、歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいはきれいなのか等、適切なお薬の選択をするために、詳しく調べていきます。

顕微鏡で見える菌

お口の中の汚れを取って、顕微鏡で菌を見てみると下記の様な物が見えてきます。歯周病の原因はこのような菌やカビです。

メンテナンスの重要性

歯周病は細菌による感染症なので、再感染に気をつけましょう。細菌が感染しにくくなるように、歯石やカビ菌を定期的に除去し、毎日適切な歯磨きを行う事によってお口の中を清潔に保つよう心がけましょう。薬によって、歯周病を治療したとしても、歯周病をおこす細菌が再感染していないか、また、お口の中が再感染しやすい環境になっていないか、歯科医院での顕微鏡を用いた定期検診を受けるようにしましょう。

歯周内科治療による菌叢の変化

PAGE TOP