お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-0730

再診・その他のお問い合わせ

04-7170-8155

親知らずの抜歯|南柏駅東口徒歩30秒の関デンタルオフィス

関デンタルオフィス
関デンタルオフィスへのお問い合わせ
TEL
予約
MENU

親知らずの抜歯

当院では、予防の観点から以下のような方には親知らずの抜歯をオススメしております。

  • 親知らずがまっすぐに生えているが、歯ブラシが奥まで届かないためにうまく歯磨きが出来ない方
  • 親知らずの大部分が歯肉に埋もれてしまい、先端だけが少し見えているだけの方
  • 親知らずが歯茎に対して横向きに生えてしまっている方
    (この場合、歯茎に完全に埋もれていることも多いので、気付かない可能性もあります)
  • 親知らず周辺の歯ぐきが腫れて少し痛みを伴う方
    (特に、体調が悪い時にこのような症状がよく出ます)

もちろんこれらのケースに該当するからといって、必ずしも親知らずを抜歯する、というわけではありません。
しっかりと診察を行い、場合によってはレントゲンも撮影した上で抜いたほうがいいかどうかをご説明させていただきます。

しかし、親知らずは口腔内の健康に悪さをすることがほとんどで、抜かなくても全く問題がないケースはめったにありません。
例えば、親知らずが生えていることによりブラッシングが上手に出来ず周辺の歯が虫歯になってしまったり、横向きに生えた親知らずが手前の歯を圧迫することで、徐々に全体的な歯並びを崩してしまうことがよくあります。
健康な親知らずが上下ともにしっかりと生えており、かつちゃんとかみ合っていたとしても、親知らずが大きい場合は同様に手前の歯を押してしまい、年を重ねるごとに歯並びに影響を与えることもあるのです。

それ以外にも、親知らずが原因でブラッシング不足になり、そこから間接的に口臭の原因になったり、あるいは磨き残した食べかすが歯垢、歯石になり、歯周病を引き起こしてしまう、というケースもよくあることです。

親知らずの抜歯は、簡単なものであれば早く、安価に行うことが出来ます。
「親知らずの抜歯」と聞くと怖い、痛そう、というイメージをお持ちになる方も多いかと思いますが、現在は麻酔の技術も発達しており、治療に際しての痛みはほとんどありません。
(もちろん、個人差がありますが治療後は痛む可能性もあります)

これまで怖くてなかなか親知らずの抜歯に踏み出せなかった方、是非一度ご相談にいらっしゃってください。

PAGE TOP