お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-0730

再診・その他のお問い合わせ

04-7170-8155

二次虫歯の予防方法は、最初の虫歯の予防方法と同じですか?|南柏駅東口徒歩30秒の関デンタルオフィス

関デンタルオフィス
関デンタルオフィスへのお問い合わせ
TEL
予約
MENU

二次虫歯の予防方法は、最初の虫歯の予防方法と同じですか?

南柏駅東口徒歩30秒の関デンタルオフィスです。

今回のテーマは「二次虫歯の予防方法」です。

虫歯を治療すれば一安心ですが、ただ二次虫歯には注意しなければなりません。

二次虫歯とは文字どおり虫歯の再発であり、一度虫歯治療した歯が再度虫歯になることもあるのです。

しかもそれは決して稀なケースではなく、成人の虫歯治療の多くが二次虫歯によるもので、

そのため二次虫歯は絶対に予防しなければならず、ここではそのための方法を解説します。

二次虫歯が怖い理由

二次虫歯は最初の虫歯以上の怖さがあり、その理由として次のことが挙げられます。

発症に気づきにくい

虫歯治療した歯は詰め物で処置されているため、見た目で虫歯の有無を判断できません。

歯が黒くなっている、歯に穴があいている、これらを目で確認できないため発症に気づきにくいのです。

特に、最初の虫歯治療で神経を失っている場合は痛みすら感じず、そのため重症化しやすい怖さがあります。

歯を失う

二次虫歯になって歯が溶かされ、それを治療するために歯が削られ、

「二次虫歯→治療→二次虫歯→治療」を繰り返すことで歯は少しずつ失われていきます。

つまり、例え治療しても二次虫歯を繰り返せばいずれ確実に歯を失ってしまうのです。

費用がかさむ

二次虫歯は健康面において問題を引き起こすのはもちろん、

お金という現実的な問題も引き起こしてしまいます。

二次虫歯を治療するためにも費用がかかりますし、再度詰め物や被せ物を製作するにも費用がかかります。

二次虫歯の予防方法

二次虫歯の予防方法をまとめると、次のようになります。

精密な歯磨き

デンタルフロスを使った精密な歯磨きは、最初の虫歯同様に二次虫歯の予防においても効果的です。

特に二次虫歯の場合、歯と詰め物・被せ物の間も丁寧に磨くようにしてください。

定期検診の受診

そもそも二次虫歯は詰め物・被せ物の劣化によって起こりますが、それは自身で確認するのは困難です。

そのため定期的に歯科医院で検診を受け、詰め物や被せ物の状態をチェックしてもらいましょう。

セラミックにする

詰め物・被せ物の素材をセラミックにすると、二次虫歯を予防しやすくなります。

この理由については以下の項目にまとめていきます。

セラミックにすると二次虫歯を予防しやすくなる理由

上記で解説したとおり、セラミックにすると次の理由から二次虫歯を予防しやすくなります。

プラークが付着しにくくなる

セラミックは陶器ですから、表面がツルツルしています。

そのため銀歯やレジンに比べてプラークが付着しにくく、清潔さを維持しやすくなります。

歯との間に隙間が生じにくい

セラミックは製作の過程においてサイズに誤差が生じにくく、歯にピッタリとはまります。

さらに歯とも接着しやすいことから隙間も生じにくく、細菌の侵入を防ぎやすくなります。

<セラミックの欠点>

二次虫歯を予防しやすくなおかつ美しい…その点だけで考えれば、

銀歯やレジンよりもセラミックを選択すべきと思うかもしれません。

ただ欠点としてセラミックは費用が高く、また単純な強度においては金属である銀歯に劣ります。

二次虫歯になりやすい人

予防を怠れば誰もが二次虫歯になりますが、次のことに該当する人は特にそのリスクが高くなります。

銀歯を使っている人

銀歯はセラミックと対称で、プラークが付着しやすい上に接着も剥がれやすくなっています。

費用が安いのは大きな長所ですが、二次虫歯になりやすい問題もあります。

定期検診を受診しない人

定期検診を受診しなければ、詰め物や被せ物の劣化に気づくことはできません。

例えセラミックでもいずれは劣化しますし、交換しなければ二次虫歯になってしまうでしょう。

神経を失っている人

最初の虫歯で神経を失うと、それが理由で二次虫歯になりやすくなってしまいます。

なぜなら、神経を失えば歯に栄養が届きにくくなり、また防御機能の働かなくなるからです。

まとめ

最後に、二次虫歯の予防方法についてまとめます。

1. 二次虫歯が怖い理由 :発症に気づきにくい、歯を失う、費用がかさむ

2. 二次虫歯の予防方法 :精密な歯磨き、定期検診の受診、セラミックにする

3. セラミックにすると二次虫歯を予防しやすくなる理由 :プラークが付着しにくくなるなど

4. 二次虫歯になりやすい人 :銀歯を使っている人、定期検診を受診しない人、神経を失っている人

これら4つのことから、二次虫歯の予防方法について分かります。

二次虫歯と治療の繰り返しに陥ってしまう人は少なくなく、それはやがて歯を失う要因になります。

そのため二次虫歯は絶対に予防すべきであり、そのための方法を覚えておきましょう。

基本的には最初の虫歯の場合と予防方法は同じですが、

セラミックにする、歯と詰め物・被せ物との間をしっかり歯磨きするなどの予防方法もあります。

また、詰め物・被せ物の状態を確認するため定期検診を受診するようにしてください。

PAGE TOP