お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-0730

再診・その他のお問い合わせ

04-7170-8155

予防治療は虫歯の予防効果がそこまで高まるのですか?|南柏駅東口徒歩30秒の関デンタルオフィス

関デンタルオフィス
関デンタルオフィスへのお問い合わせ
TEL
予約
MENU

予防治療は虫歯の予防効果がそこまで高まるのですか?

南柏駅東口徒歩30秒の関デンタルオフィスです。
今回のテーマは「虫歯の予防治療の効果」です。
歯科医院では、虫歯を治すためではなく予防するための治療も受けられます。

それが予防歯科の予防治療であり、虫歯を予防するため全ての人にすすめたい治療ですね。
ただ、実際には自分だけで予防しようとする人が多く、そのため虫歯になってしまうケースが多いのです。
そこで、ここでは予防治療の効果の高さについて説明します。

PMTCの効果

PMTCはプラークを除去する治療ですが、「プラークの除去」という点では歯磨きを連想すると思います。
では、PMTCと歯磨きの効果の差を比較してみましょう。

歯磨きとPMTCの差

歯磨きで全てのプラークを除去するのはまず不可能で、これにはいくつか理由があります。
まず単純に磨き残しが出てしまうことで、無色透明のプラークを全て除去するのは難しいですし、
また箇所によっては磨こうにも磨き切れず、歯磨きで磨ける範囲には限界があることです。

一方、PMTCは専用の医療器具を使って行うもので、歯磨きとは効果の程が全く違います。
歯磨きでは対処できない歯石も除去できますし、プラークを完全に除去して歯の表面もツルツルになります。
そして、歯の表面がツルツルになることでプラークも付着しにくくなるのです。

フッ素塗布の効果

今ではほとんどの歯磨き粉にフッ素が配合されており、歯科医院に行かなくてもフッ素の効果を得られます。
では、歯科医院のフッ素塗布と歯磨き粉に配合されているフッ素の差を比較してみましょう。

歯磨き粉のフッ素とフッ素塗布の差

予防治療のフッ素塗布で使用するフッ素は濃度が高く、
歯磨き粉に配合されたフッ素よりも遥かに高い予防効果を得られます。
また、歯磨き粉を使用する目的はあくまで歯磨きですから、フッ素塗布とはそもそも意味合いが違います。

簡単な話、いくらフッ素が配合された歯磨き粉を使っても、
その時の歯磨きの仕方が雑なら大した予防効果はありません。
一方、フッ素塗布は文字どおりフッ素を塗る治療ですから、これによって丈夫で強い歯を作れます。

スウェーデン型プラークコントロールの紹介

当院では、予防治療においてスウェーデン型プラークコントロールを導入しています。
プラークコントロールとは要するに歯磨きなのですが、スウェーデン型プラークコントロールの指導は、
従来のブラッシング指導に比べて虫歯予防において遥かに効果的です。

従来のブラッシング指導は、その人の歯並びに合った正しい歯の磨き方を指導していますが、
スウェーデン型プラークコントロールでは、まず虫歯になりやすい箇所を調べるところから始めます。
要するにリスクの高い箇所を把握して、その上でその箇所を真っ先に重点的に磨いていくのです。

歯磨きは時間をかければ綺麗に磨けますが、そこで問題になってくるのが集中力の持続でしょう。
丁寧に時間をかけて磨く必要があると分かりつつも、長く磨いていると手も疲れてきますからね。
その点、スウェーデン型プラークコントロールは特別長く時間をかける必要がないのです。

虫歯になるリスクの高い場所を先に磨くことで、真っ先に虫歯になるリスクを回避できるのです。
何も考えずに20分間歯磨きするよりも、リスクの高い箇所を先に磨いて10分間歯磨きする、
それぞれの歯磨きの仕方を比較すれば、後者の効果が高いのは明らかですね。

虫歯が重症化しないメリット

予防歯科の予防治療を受ければ虫歯を予防しやすくなりますが、
定期的に予防治療を受けることで虫歯になってしまった時の重症化も予防できます。
と言うのも、予防治療の際に歯科医は患者さんの口の中をチェックするからです。

例えば予防治療を受けにきた患者さんが既に虫歯になっていれば、
治療を行う前の診断でそれを発見できるでしょう。
つまり、定期的に予防治療を受けていれば、仮に虫歯になったとしても早期発見して重症化を防げます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、虫歯の予防治療の効果についてまとめます。

1. PMTCの効果 :歯磨きでは除去しきれないプラークも除去でき、歯石も除去して歯がツルツルになる
2. フッ素塗布の効果 :歯磨き粉に配合されたフッ素よりも濃度が高く、虫歯になりにくい強い歯を作る
3. スウェーデン型プラークコントロールの紹介 :虫歯になりやすい箇所を先に磨く、効率の良い磨き方
4. 虫歯が重症化しないメリット :予防治療のために定期的に通院すれば、虫歯になってもすぐ発見できる

これら4つのことから、虫歯の予防治療の効果について分かります。
予防治療による虫歯の予防効果は高いものの、予防のメインはあくまで自身のプラークコントロールです。
ですから、予防治療を受けるだけで虫歯を予防できるわけではないですし、
一方で自身のプラークコントロールだけで虫歯を予防することも難しいのでしょう。
自身のプラークコントロールに加えて予防治療を受ける…これが虫歯予防において最も効果が高い方法です。

PAGE TOP