虫歯にならないためにすべきこと

虫歯は、一度かかると自然に治りにくい病気です。進行するにつれ、かけがえのない歯質が溶かされ、最終的には歯そのものを失うこととなります。それだけに、虫歯は予防するに越したことはないのです。今回は、そんな虫歯にならないためにすべきことをわかりやすく解説します。

お家での適切なセルフケア

虫歯予防の基本となるのは、セルフケアです。歯磨きをはじめとしたオーラルケアを正しく行うことで、プラークフリーな状態を作ることができます。細菌の温床となる歯垢や歯石が堆積しなければ、虫歯にかかることもありません。ただ、ブラッシング法というのは、ついつい自己流になりがちです。どんなに歯磨きが上手な人でも、歯垢の染め出し検査を行うと、赤く染まる部分が出てくるものです。そういった磨き残しを限りなくゼロに近づけるためには、歯科医院でブラッシング指導を受けることをおすすめします。

ブラッシング指導では、フロスや歯間ブラシ、歯磨剤の使用方法などについてもご説明します。歯と歯の間の汚れは、歯ブラシで落とすのは困難です。フロスや歯間ブラシといった隣接面の清掃に適した器具を活用することで、磨き残しがなくなります。

歯磨剤は、必ずしも使用する必要はありませんが、フッ素による歯質の強化作用をはじめ、歯周病予防に効果のある商品も販売されております。目的を持った上で、適切な使用を心がけるのであれば、活用するメリットも大きいといえます。一部の歯磨き粉には、研磨剤や発泡剤が含まれており、研磨剤は、磨きすぎると歯を傷つけるおそれがあり、発泡剤は、歯を磨いた気になってしまうデメリットが挙げられます。当院では、発泡剤や研磨剤を使用していない歯磨剤をご用意しているので、お気軽にご相談ください。

歯科医院でのプロケア

虫歯にならないためには、セルフケアだけでなく、プロフェッショナルケアも実施する必要があります。例えば、「歯石」というのは歯垢が石灰化した物質であり、石のように硬いことから、歯ブラシによるブラッシングでは取り除くことができません。そこで有用なのがプロフェッショナルケアの一種であるSRP(スケーリング・ルートプレーニング)です。スケーラーと呼ばれる器具を用いて、歯石を除去します。同じく細菌の温床となる「バイオフィルム」は、歯のクリーニングで一掃することができます。

定期検診の重要性

当院まで定期的にご来院いただければ、お口の中の異常を早期に発見することができます。あるいは、病気の兆しを見つけることで、発症を予防することも可能です。3~6ヶ月に1回の定期検診では、口腔内診査やブラッシング指導、予防処置などを実施いたします。

食事管理

虫歯の原因となる虫歯菌は、糖質をエサとして繁殖し、歯を溶かします。ですから、糖質の摂取を制限することで、虫歯のリスクを下げることも可能といえます。とくにスクロースである砂糖は、ミュータンス菌の大好物なので、シュガーコントロールを徹底することが何より重要といえます。砂糖の摂取量を減らすことはもちろん、キシリトールなどの代用糖を活用することでも、虫歯菌の活動を抑えることができます。朝昼晩の食事や間食のタイミング、頻度などもしっかり管理しながら、虫歯予防に努めましょう。

また、食事をした後には必ず歯磨きを行いましょう。食べ物や飲み物を口にした時点で、口腔内は汚れてしまいます。外出先など、どうしても歯磨きを行うことができない場合は、ブクブクうがいだけでもしてください。お口の中に残った食べかすなどを洗い流すだけでも、虫歯のリスクは低下します。

虫歯になりにくい素材を選ぶ

虫歯治療を終えた歯でも、再び虫歯になるリスクは十分あります。そこで考慮していただきたいのが詰め物や被せ物に使用する素材です。一般的な虫歯治療では、歯科用合金からなる銀歯やレジンなどで修復することとなりますが、これらの素材には虫歯予防に不利となる特徴がいくつかあります。それは「汚れがつきやすい」「歯質との適合性が低い」「劣化しやすい」といった性質です。

一方、歯科用陶材であるセラミックは「汚れがつきにくい」「歯質との適合性が高い」「劣化しない」という特徴から、虫歯や歯周病にかかるリスクも極めて少なくなっています。ですから、これ以上虫歯にかかりたくない、大切な歯質を失いたくない、という方は、治療の際にセラミックを選ぶことをおすすめします。ちなみに、一言でセラミック治療といっても、セラミックとジルコニアを組み合わせたものや、セラミックとレジンを混合した材料など、さまざまな選択肢があります。

まとめ

このように、虫歯にならないためには、お口の中を清潔に保つためのセルフケアとプロケア、歯質を強化するための予防処置、虫歯菌の活動を抑えるシュガーコントロールなどが有効な方法といえます。虫歯や歯周病予防について、さらに詳しく知りたい方はお気軽に当院までご相談ください。